注文住宅 土地探し マンションリノベ 戸建てリフォームの専門会社

BLOG
ブログ

リフォームとリノベーションの違いって何?〜リノベ最新事情

リフォームとリノベーションの違いってご存知でしたか?

なんとなく、リフォームしたい。 とか、
マンションリノベ。
とか、言葉を使ってませんか??  (私も含めてです、、、、)

そこで、私なりにまとめてみました。

 

 

まずは、建築基準法のおさらいです。

建築基準法の定義では、リフォームやリノベ、という言葉は出て来ません。
建築基準法の定義では、建築とは、
建築物を新築し、増築し、改築し、又は移転することをいう。 (建築基準法第2条13)
となっております。ですから、リフォームやリノベでは無くて、新築・増改築を含めて建築という扱いです。

ちなみに、続きの事項に、
大規模な修繕、と大規模な模様替 という言葉の定義がありまして、
それらは、
建築物の主要構造部の一種以上について行う過半の修繕、模様替の事としてます。
(主要構造部とは、壁、柱、床、はり、屋根又は階段 の事を言います。)

それで、上記の建築や大規模な修繕・模様替えを行う場合には、工事の前に建築確認申請が必要となります。
ですから、増改築や模様替えを行う場合は、事前に上記項目の修繕や模様替えに当てはまるか?どうか?で、建築の確認申請が必要か?不要か?違って来ます。
また、お住いの場所が、防火地域か準防火地域で無い場合で、
増築、改築する場合は10㎡以内である時は申請は不要であったりします。

そこで、まずは建築基準法上で、増築?改築?模様替え?なのか?

お住いの地域が防火?準防火?地域なのか。工事の面積はどのくらいか?

にて進め方が変わって来ます。建築確認申請が必要かどうか?は重要ですので、しっかりと確認してください。

 

と難しい話しになりましたが、リフォームとリノベーションの違いは、調べると下記の通りとなります。

リフォーム
老朽化したり、経年劣化して古くなったものを、新しいものに直す。あるいは現状復旧させる。

リノベーション
新しく作り変える。機能を向上させる。より良く改善する。

と言った違いがあるようです。

簡単にいうと、
リフォームは、床やクロスの張替え、キッチンなどの住宅設備などを新しいのに更新する
リノベーションは、住空間を自分にあった間取りに変更する。断熱性能などを上げる

これからは、リフォーム、リノベーションもかなり注目を浴びていきますので、
正しい言葉の定義をしっかりと認識しておきましょう。

最近のリノベーション事情はどうでしょうか??

色々な建築資料を読んでいると、下記のような事が記述されています。

まずどんな人たちが多いのか?

リノベーションは子育て世帯以外の家族が多いようです。
いわゆる 大人家族の世帯
ですから、リビングやダイニングはコンパクトで、それよりも個々の空間を充実させたい。という間取りの変更のリクエストが重視されています。

次に、温熱環境や耐震性のアップです。建物の性能面の向上です。

どうしても模様替え、となると見た目のインテリアや最新設備に注目されがちです。リフォーム・リノベーション中心の会社さんでも、インテリア性を前面にアピールしているところをよく見かけます。
ですが、建築に携わるものとしては、やはり、耐震や特に温熱環境の向上は注目していただきたい点です。
断熱性能が上がると、住まいでの過ごし方、ヒートショックの危険性も減ります。
最近では、こういった温熱・耐震性の向上はますます重要になっているようです。

最後に、マンションのリノベーションに関してですが

最近のマンションリノベーションは、比較的新しいマンションでもリノベーションをする人が増加しているようです。
マンションの作り方は、2000年以降の竣工マンションか?どうか?随分とマンションの作り方も変わって来ています。
コンクリートの梁、床スラブなどの作りの違い。又、給排水管や断熱材も違いもありますので、リノベーションで水周りの位置を変更する際は注意をしてください。

今後もリフォーム、リノベーションの需要は増加傾向にあります。ただ、リフォーム工事は、建築免許がなくても施工ができてしまう業界となっており、様々な注意が必要です。ですから、正しい施工技術・知識が必要ですし、そしてそれに裏打ちされた設計・デザイン力も必要です。
もちろん、FJ DESIGN HOMESでは、施工、設計デザイン、どちらも重視しています。お気軽に相談にお越しください。

 

 

名古屋で上品でかっこいい注文住宅は FJ DESIGN HOMES まで、

リフォームやリノベーションもやってます。

注文住宅/リフォームのご相談はこちらから

フリーダイヤル

いつでもご自由にご覧いただけます
打合せ中の場合もございますので
事前のご予約をおすすめします