注文住宅 土地探し マンションリノベ 戸建てリフォームの専門会社

BLOG
ブログ

構造現場【木造軸組構法 (金物工法)】  施工場所 名古屋市近郊エリア

FJ DESIGN HOMES では主に木造軸組構法を採用しています。

さらに軸組の接合部分に金物を採用している、金物工法も取り扱っています。

FJ DESIGN HOMES

こちらは昨年の上棟現場の様子です。これが木造軸組の金物工法ですね。

構造体はプレキャストでJAS規格の構造用集成材です。最近の大手住宅メーカーさんの木造工法と同じ考えですね。

FJ DESIGN HOMES
FJ DESIGN HOMES

次に屋根の骨組みをして野地板を施工していきます。工事中の動画をアップしました。

立派な小屋組が出来上がりました。

片流れ屋根の構造体になります。

最終的には下側のように軸組の外側に合板をはり、壁工法と変わらない構造体としていきます。

FJ DESIGN HOMES

外壁合板を貼る前の軸組の様子です。

FJ DESIGN HOMES

外壁合板を貼りました。ツーバイフォー工法と変わらない見た目です。

FJ DESIGN HOMES

ツーバイフォー工法やパネル工法と同じ考えですね。実際にはこの合板が耐震性を高める効果があると思います。やはり軸組だけでは揺れエネルギーを逃せないと思います。

また、耐震性だけではなく、断熱・気密性能アップにも繋がっています。

 

建築では様々な工法がありますが、個人的には木造をお勧めしたいです。

私は今まで様々な構造の住宅に住んできました。物心ついた時からは賃貸RCマンションで、学生時代には築50年以上の木造アパート、それにツーバイフォーの賃貸、祖父母の家は伝統的な田の字型の木造住宅と、当時は最新のパネル工法の住まいなど、鉄骨アパートもいくつか見てきました。

それで、人体への影響という意味で、私は幼い頃よりアトピー体質でしたので、木造の家が一番負担が少なかったと思っています。多分、気密性の高さによる湿気や温度のバランスによるものだと思っています。(科学的な根拠はわからないので、この辺にしておきます、でも本当にアトピーの人だったら、一度、木造の家に住んでみることをお勧めします。ただし中途半端な時期の木造はダメです。物凄く古いか、建材はフォースター品を使っている住まいにしてください。多分、シックハウスも重要です。)

ただし、築50年の木造アパートの冬は極寒でした。昔の軸組は本当に寒いです。ツーバイフォーは一番冬は暖かいと思います。RCマンションも日当たりのよい南側と北側ではとても違います。RC打ち放しの家なんていうのは頭が痛くなる寒さです。ですから、私は一番暖かいのは、家の中に暖炉など輻射的に温まる手段をとるか、木造で壁工法にして外気温度影響を受けず、さらに保温・気密を上げるのが一番良いと思ってます。多分これが出来るのが木造の壁工法かなと思ってます。

それで、昨年に引渡しさせて頂いた上記の上棟現場のお住まいは、冬にお邪魔しましたが、びっくりする暖かさでした。多分、外壁合板と外断熱が効いていると思います。

構造の話題では、よく耐震性の話しが中心になりますが、意外に断熱性能の基本ともなりますので、是非、頭の片隅に置かれて置くことをお勧めします。

あ、それと、持ち家にかかる毎年の固定資産税も木造の方が断然安くなりますのでご注意を。。。。それと、建築面積算出の壁芯の考え方も違うので、、、、。同じ面積でも実は、、、。

なんて色々違いがありますよー。グーグルで色々調べてみてくださいね。

 

誰か、小さい小屋で、木造工法とRCと鉄骨で同じような断熱で包んだ家を実験棟で作ってくれるといいのですが、、。(国の方針でZEHをやっているぐらいなら実験データとかありそうだけど、、、どうでしょうか?今度調べて見ます。)

FJ DESIGN HOMES

 

名古屋で上品でかっこいい住宅なら FJ DESIGN HOMESまで、

もちろんリフォームもやってます。

注文住宅/リフォームのご相談はこちらから

フリーダイヤル

いつでもご自由にご覧いただけます
打合せ中の場合もございますので
事前のご予約をおすすめします