注文住宅 土地探し マンションリノベ 戸建てリフォームの専門会社

BLOG
ブログ

リノベーション 断熱性能アップについて

リノベーションにおいて気になるポイントは、
性能や設備に関する問題だと思います。
その中でも、

「部屋を明るくしたい。」
「暖かくしたい。」

というご要望は多い問題で、快適に暮らす為には欠かせない要素です。

そこで、まず重要になるポイントは、

”窓まわりがポイント”

となります。

窓まわり=開口部 は、部屋を明るくするための採光、部屋を暖かくするための断熱、冬場の結露対策などに直結します。
特にマンションの温熱環境の改善には、開口部(窓のこと)が特に重要な役割を担います。

リフォーム時に窓を交換する、という選択肢が生まれます。戸建の場合は、窓交換により実際は、外壁の補修なども必要になってきて大変な場合もあります。
また、マンションの玄関ドアや外部サッシ窓は共用部分に含まれますので、現実的にはやり変えは難しい選択肢です。

窓を大きくする。というのも現実的には難しい、大変な選択肢になりますので、限られた開口部をいかにも活かしながら、いかにプランニングするか、も重要となります。窓枠の見せ方や、一体感の作り方などは設計の腕の見せ所です。

簡単に断熱性能アップ、結露対策として有効な方法は、

内窓をつける事です。

通常、窓サッシというのは建物の外壁側に付いていて、室内側は壁圧分は窓台となっています。窓枠と言います。

その窓枠の中に、もう一つ窓サッシを取り付ける。という方法です。
これだけでもかなり効果があると言われています。
もしかしたら、窓ガラスの交換よりも断熱性能は上がるという実感もありますから、
二重窓になって空気層が厚くなる。というのはとても、効果が高いのだと思います。

そして、もう一つあるのが、窓のカバー工法です。
既存のサッシ枠を活かしながら、新しい窓サッシを取り付ける方法です。
施工の短時間で可能ですが、窓が若干小さくなってしまう。というデメリットがあります。

窓を変えるだけで、断熱性能はグッとあがりますので、
是非、リフォームの際は、開口部、窓まわりの断熱性能アップもご検討下さい。

 

 

 

 

 

名古屋で上品でかっこいい家づくりは、FJ DESIGN HOMES まで
リフォームやリノベーションもやってます

注文住宅/リフォームのご相談はこちらから

フリーダイヤル

いつでもご自由にご覧いただけます
打合せ中の場合もございますので
事前のご予約をおすすめします